Voice

一覧

終了者の声

  • 医療系専門職コース
    看護師

    コメント

    災害は世界中どこでも起こりうる事象であり、日常・非日常にかかわらず人々の健康維持・疾病予防するために職種間の壁をこえて協働する必要があると思います。
    本プログラムでは各職種の災害対応の実際、具体的な実例をもとにどのような連携するか、様々な教育的アプローチで学ぶことが出来ます。また、e-leaningは採択性があり、自分が興味ある分野から進めることも出来ますし、仕事とプライベートのスキマ時間を利用して講義内容を選び学習を進めることも出来ます。
    本プログラムを受講したことで、災害が生じた時にどうするかではなく、平時から自分や家族・職場のスタッフ・地域を守るための災害時の備えとして学習を継続する重要を再確認する良い機会となりました。
  • 医師・歯科医師特化コース
    医師
    山本 真一

    コメント

    医療人として、災害時の医療に対する理解が深まる、画期的なプログラムだと思います。
    受講を通じて他の地域や多職種の方と輪を広げておくことも、いざという時にもきっと役立つと確信しています。
  • 医師・歯科医師特化コース
    医師
    山田 周

    コメント

    災害拠点病院でDMAT隊員として活動していましたが、災害医療で必要な知識はとても幅広く、DMAT研修と実働だけでは足りないと感じ受講しました。
    災害医療の基本から、歯科医科に渡る総論と各論まで非常に多くのコンテンツを、e-lerningで学ぶことができました。e-leaningであり、空いた時間を利用して学べたことはとてもありがたい事でした。また、新型コロナ感染症の影響で当初よりは少なくなってしまったと思いますが、それでも多くの参加型の研修も企画していただき、参加できなかったものについてはe-leaningでの視聴もさせてもらえ、貴重な機会を得られました。
    今後の災害医療に生かしていきたいと思います。
  • 医師・歯科医師特化コース
    医師
    渋沢 崇行

    コメント

    このプログラムではいわゆる日本DMATで行われている超急性期の災害医療についてのみならず、亜急性期〜慢性期にわたる災害医療の課題と解決方法についても学ぶことができます。
    災害医療に関わるほとんどすべての職種を対象としており、いままで持ち得なかった視点を養い、視野を拡げることができるすばらしいプログラムだと思います。
  • 医師・歯科医師特化コース
    医師

    コメント

    災害医療についてある程度の知識と実践経験はありましたが、講義の内容は基本から応用まで充実しており、特に自分にとっては保健衛生や歯科についての理解を深めることができました。
Copyright 2019 熊本大学病院災害医療教育研究センター All Rights Reserved.