Human resources training

課題解決型

高度医療人材
養成プログラム

高度医療人材養成プログラム

多職種連携の災害支援を担う高度医療人養成

 平成30年度文部科学省「課題解決型高度医療人材養成プログラム」に九州大学歯学部と連携して応募し採択されました。本プログラムでは、医師会、歯科医師会および行政機関等の協力を得て、超急性期〜急性期の支援に加え亜急性期〜慢性期で問題となる慢性疾患等を対象とした長期的視野で活動可能な医療チームを構成する多職種の人材(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、栄養士等の医療職や行政担当者等)の育成を目指します。

 医師・歯科医師を対象とした「医師・歯科医師特化コース」、看護師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士、歯科技工士、病院事務職員、行政職員(保健師を含む)などを対象とした「医療系専門職コース」の2つのコースを設定しています。いずれも学校教育法第105条の履修証明制度に基づき、講義、実習および訓練のうち指定された必修科目を含む計120時間以上の履修にて構成されています。修業期間は2年間であり(必要時間の履修ができなかった場合は延長可)、平成31年度から4年間は受講料は無料です。履修終了者には履修証明書を交付します。

<参考ページ>
文部科学省大学などの履修証明制度
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shoumei/

プログラムの特徴

①九州大学災害口腔医療研究教育部門との連携

 災害関連死の原因では肺炎が最も多く、災害医療支援において口腔機能管理が重要視されています。本プログラムは熊本地震や九州北部豪雨災害で支援活動し地域の災害復興に貢献した全国的にも稀有な災害医療支援実績を持つ九州大学歯学部と連携してプログラムを構築しています。これまでにない医療支援体制の構築とともに、熊本大学(熊本県)、九州大学(福岡県)の立地関係が近隣型防災拠点整備につながることが期待されます。

②職種合同講義、実習により多職種の『顔の見える関係性』の構築を目指したプログラム

 両コースに職種を横断した体系的・実践的な共通の教育プログラムを設定しています。
多職種が一緒に講義、実習を受けることで多職種間連携の強化を目指します。

③災害の多様な規模・フェーズに対応できる災害医療支援を構成する人材の育成

 超急性期にあってはDMAT等の後方支援を担い、引き続き災害のフェーズ毎に起こりうる静脈血栓塞栓症、慢性疾患の増悪、口腔内ケアなどの特徴的な徴候、疾患を理解のうえ、派遣すべき専門医療チームの構成や効率的な医療支援の供給を担う人材を育成します。

④広域医療支援の連携を担う人材を育成するプログラム

必修の参加型の講習・実習を設定しますが、その他の講習はe-Learnigでの聴講できる環境を整備し、全国から受講可能とします。九州を広域医療支援の連携の単位として考え、「顔の見える関係性の構築」を図るために、特に九州管内の受講者を対象に参加型講習・実習を実施します。

カリキュラム(医師・歯科医師特化コース)

必修科目(30単位)

※カリキュラムの内容・単位については変更となる場合があります。

災害医療総論
(計10単位)
1 災害概論
2 災害対応の原則(CSCATTT)
3 トリアージ
4 災害医療情報
5 自然災害
6 人為災害
7 熊本地震
8 テロ災害・マスギャザリング
9 日本の災害医療体制
10 災害派遣医療チーム(DMAT)
災害医療各論講義
(計13単位)
1 外傷、応急処置
2 循環器疾患
3 代謝・内分泌・生活習慣病
4 災害時の摂食・嚥下
5 重要度支援者①妊婦
6 重要度支援者②小児
7 重度要支援者③透析
8 重度要支援者④人工呼吸、在宅酸素
9 重度要支援者⑤悪性腫瘍
10 重度要支援者⑥神経疾患
11 災害時の重要度支援者への支援体制
12 災害精神医学・心のケア
13 感染症対策
14 被災者に対する心のケア~看護師の役割~
15 災害薬事
16 災害時の栄養管理
17 災害口腔医学
演習
(計7単位)
トリアージ演習
1 トリアージ①
2 トリアージ②
チーム医療演習
1 情報伝達・共有と多職種・他フェーズへの引継ぎ
2 避難所アセスメント・個別アセスメント
その他演習
1 クロノロジー
2 災害時診療記録の書き方とJ-SPEED
3 衛星通信手段とEMISの入力と活用

選択必修科目

※カリキュラムの内容・単位については変更となる場合があります。

災害史、防災、減災
(計5単位)
1 熊本の災害史
2 熊本の防災・減災
3 熊本地震より:病院被災
4 熊本地震より:病院被災
5 熊本地震より:災害拠点病院1
6 熊本地震より:災害拠点病院2
7 熊本地震より:行政の対応
災害時のロジスティックス
(計7単位)
1 ロジスティックスとは
2 災害医療コーディネート
3 災害時の情報管理
4 害時の情報共有 ~標準災害診療記録~
5 災害時の情報共有 ~J-SPEED~
6 災害時の通信手段
7 被災地内のロジスティックス活動
8 公衆衛生管理とロジスティックス活動
9 地域医療搬送と広域医療搬送
10 行政とロジスティックス
11 J-SPEEDとは~e-learning演習~
12 クロノロジーとは~e-learning演習~
13 災害時診療記録~e-learning演習~
14 EMISの入力~e-learning演習~
災害時の保健衛生
(計5単位)
1 災害時の保健衛生
2 災害時の保健衛生に関わる法律・制度
3 災害に関わる保健衛生~疫学~
4 災害時の保健所・保健師の役割
5 災害とライフライン
6 災害と公衆衛生
7 多職種連携①~保健衛生と行政~
8 多職種連携②~保健衛生のための口腔ケア~
9 多職種連携③~食支援~
10 特殊災害時の保健衛生
救急医療
(計10単位)
1 救急初期診療
2 病院前救急医療
3 心肺蘇生法
4 ショックの病態と治療
5 外傷初期診療
6 急性中毒
7 熱傷・化学損傷・電撃傷
8 環境異常・溺水・窒息
9 急性腹症
10 重症患者の集中治療管理(呼吸不全、循環不全)
各科各論
(計17単位)
1 災害と心血管病
2 災害と血管病
3 災害時の心血管リスク評価、災害時の検査・診療
4 呼吸器疾患(喘息、CPOD他)
5 人工呼吸器、在宅酸素使用患者への対応
6 腎疾患、透析患者への対応
7 糖尿病
8 内分泌疾患
9 消化器疾患、肝炎治療中の患者への対応
10 血液疾患、膠原病、アレルギー
11 悪性腫瘍治療中の患者への対応
12 慢性神経疾患患者への対応
13 妊産婦への対応
14 小児への対応、NICU
15 高齢者への対応
16 災害関連死
17 放射線災害
研究活動
(計1単位)
1 災害医療に関する医学的研究活動
災害精神医学
(計2.5単位)
1 精神疾患患者への対応
2 心のケア
3 DPAT
4 支援者の精神支援
5 精神科治療の流れ
感染対策
(計2.5単位)
1 感染対策の基本ステップ
2 世界の大規模災害と健康問題
3 災害時のサーベイランス
4 感染対策における公衆衛生
5 災害における感染症対策
災害口腔医学講義
(計33単位)
災害口腔医療救護学
(計12単位)
1 災害時の口腔医療救護総論
2 口腔周囲裂傷への対応
3 顎骨骨折への対応
4 歯の破折、脱落への対応
5 災害時の義歯調整
6 災害時の義歯調整演習
7 法医歯学総論
8 身元確認のための法歯学基礎
9 口腔情報からの身元確認
10 災害時歯科医療情報管理
11 災害時食支援のためのリハビリテーション医学
12 災害時食支援の実際
災害口腔医療保健学
(計10単位)
1 災害時歯科保健医療支援総論
2 歯科保健医療支援活動の体制づくり 1
3 歯科保健医療支援活動の体制づくり 2
4 要支援者の個別支援
5 災害時口腔保健啓蒙活動
6 支援撤退時の引き継ぎ
7 災害時要配慮者(高齢者)の口腔保健医療支援
8 害時要配慮者(小児)の口腔保健医療支援
9 災害時の多職種連携口腔機能支援
   災害時歯科支援における管理栄養士との連携
   災害時の食事と栄養
   災害時の歯科と言語聴覚士の連携
10 DHEATにおける歯科の役割
災害歯科コーディネート学
(計11単位)
1 災害時受援コーディネート総論
2 歯科におけるBCP
3 受援体制づくり(災害対策本部立ち上げ)
4 医療復興指針
5 受援の多職種連携
6 クロノロジー演習
7 災害時の地域包括ケアシステムの復興のける歯科の役割
8 歯科医院の平時からの災害対策
9 被災地歯科医院の復興
10 被災地病院歯科の復興
11 受援における歯科衛生士の役割

選択科目(60単位以内)

※カリキュラムの内容・単位については変更となる場合があります。

研修会への参加
熊本大学病院災害医療セミナー、熊本県災害医療コーディネーター研修会、二次救命処置(ICLS)、外傷初期診療(JPTEC, JATEC)、多数傷病者対応(MCLS)、ロジスティックス研修、災害口腔医学研修、災害時身元確認研修、シミュレーターを用いた避難所対応実習(仮称)他
災害訓練への参加
(医療チームとして参加)
熊本大学病院災害医療訓練、内閣府総合防災訓練、DMAT実動訓練、他
熊本地震の被災病院研修
(阿蘇医療センターなど)

カリキュラム(医療系専門職コース)

必修科目(30単位)

※カリキュラムの内容・単位については変更となる場合があります。

災害医療総論
(計10単位)
1 災害概論
2 災害対応の原則(CSCATTT)
3 トリアージ
4 災害医療情報
5 自然災害
6 人為災害
7 熊本地震
8 テロ災害・マスギャザリング
9 日本の災害医療体制
10 災害派遣医療チーム(DMAT)
災害医療各論講義
(計13単位)
1 外傷、応急処置
2 循環器疾患
3 代謝・内分泌・生活習慣病
4 災害時の摂食・嚥下
5 重要度支援者①妊婦
6 重要度支援者②小児
7 重度要支援者③透析
8 重度要支援者④人工呼吸、在宅酸素
9 重度要支援者⑤悪性腫瘍
10 重度要支援者⑥神経疾患
11 災害時の重要度支援者への支援体制
12 災害精神医学・心のケア
13 感染症対策
14 被災者に対する心のケア~看護師の役割~
15 災害薬事
16 災害時の栄養管理
17 災害口腔医学
演習
(計7単位)
トリアージ演習
1 トリアージ①
2 トリアージ②
チーム医療演習
1 情報伝達・共有と多職種・他フェーズへの引継ぎ
2 避難所アセスメント・個別アセスメント
その他演習
1 クロノロジー
2 災害時診療記録の書き方とJ-SPEED
3 衛星通信手段とEMISの入力と活用

選択必修科目

※カリキュラムの内容・単位については変更となる場合があります。

災害史、防災、減災
(計5単位)
1 熊本の災害史
2 熊本の防災・減災
3 熊本地震より:病院被災
4 熊本地震より:病院被災
5 熊本地震より:災害拠点病院1
6 熊本地震より:災害拠点病院2
7 熊本地震より:行政の対応
災害時のロジスティックス
(計7単位)
1 ロジスティックスとは
2 災害医療コーディネート
3 災害時の情報管理
4 害時の情報共有 ~標準災害診療記録~
5 災害時の情報共有 ~J-SPEED~
6 災害時の通信手段
7 被災地内のロジスティックス活動
8 公衆衛生管理とロジスティックス活動
9 地域医療搬送と広域医療搬送
10 行政とロジスティックス
11 J-SPEEDとは~e-learning演習~
12 クロノロジーとは~e-learning演習~
13 災害時診療記録~e-learning演習~
14 EMISの入力~e-learning演習~
災害時の保健衛生
(計5単位)
1 災害時の保健衛生
2 災害時の保健衛生に関わる法律・制度
3 災害に関わる保健衛生~疫学~
4 災害時の保健所・保健師の役割
5 災害とライフライン
6 災害と公衆衛生
7 多職種連携①~保健衛生と行政~
8 多職種連携②~保健衛生のための口腔ケア~
9 多職種連携③~食支援~
10 特殊災害時の保健衛生
災害看護講義
(計20単位)
1 災害時における看護師の役割
2 災害時における人的資源管理と地域連携
3 災害時における情報管理
4 被災者受け入れ時における物品管理
5 災害時における重症・集中ケア
6 災害時における周術期医療支援
7 災害時における周産期医療支援
8 災害時における療育支援
9 災害時におけるがん患者支援
10 災害時における慢性疾患患者支援
11 災害時における血液疾患患者支援
12 被災者の立場で勤務する看護師への支援
13 新たな災害への備え~看護師の役割~
災害薬事講義
(計15単位)
1 我が国の災害医療体制について(概論)
2 災害時管理の原則について~CSCA-TTT、CSCA-PPP~
3 災害時の施設内対応について
4 災害時における情報管理
5 災害時、薬事関連特例措置について
6 災害薬事と被曝医療について
7 災害薬事と災害時のメンタルストレス対応
8 災害薬事と行政の連携について
9 災害時の医薬品供給・処方支援について
10 医薬品卸の災害時の対応について
11 災害時における薬事トリアージについて
12 救護所での薬剤師としての情報収集と報告
13 薬事トリアージ演習
14 被災地内病院の薬剤師活動について
15 被災地内薬局の薬剤師活動について
16 モバイルファーマシーの運用について
17 日本病院薬剤師会・熊本県薬剤師会(保険薬局)の災害対応
18 DMAT隊の中での薬剤師活動について
19 災害医療において薬剤師に期待すること
災害時の栄養管理講義
(計10単位)
1 災害時の栄養管理
2 災害時の院内栄養管理
3 避難所での栄養管理
4 災害時の栄養士活動~JDA-DAT~
5 災害時栄養管理における情報収集
6 多職種連携① ~行政と栄養~
7 多職種連携② ~耳鼻咽喉科と栄養~
8 多職種連携③ ~歯科と栄養~
9 多職種連携④ ~リハビリテーションと栄養~
10 災害時の慢性疾患に対する栄養管理
災害口腔医療救護学
(計20単位)
1 災害時の口腔医療救護総論
2 災害時の義歯調整
3 災害時の義歯調整演習
4 法医歯学総論
5 災害時食支援のためのリハビリテーション医学
6 災害時食支援の実際
7 災害時歯科保健医療支援総論
8 歯科保健医療支援活動の体制づくり 1
9 歯科保健医療支援活動の体制づくり 2
10 要支援者の個別支援
11 災害時口腔保健啓蒙活動
12 支援撤退時の引き継ぎ
13 災害時要配慮者(高齢者)の口腔保健医療支援
14 災害時要配慮者(小児)の口腔保健医療支援
15 災害時の多職種連携口腔機能支援
災害時歯科支援における管理栄養士との連携
災害時の食事と栄養
災害時の歯科と言語聴覚士の連携
16 DHEATにおける歯科の役割
17 災害時受援コーディネート総論
18 受援の多職種連携
19 被災地歯科医院の復興
20 受援における歯科衛生士の役割

選択科目(60単位以内)

※カリキュラムの内容・単位については変更となる場合があります。

研修会への参加
熊本大学病院災害医療セミナー、熊本県災害医療コーディネーター研修会、二次救命処置(ICLS)、外傷初期診療(JPTEC, JATEC)、多数傷病者対応(MCLS)、ロジスティックス研修、災害口腔医学研修、災害時身元確認研修、シミュレーターを用いた避難所
災害訓練への参加
(医療チームとして参加)
熊本大学病院災害医療訓練、内閣府総合防災訓練、DMAT実動訓練、他
熊本地震の被災病院研修
(阿蘇医療センターなど)

履修例

単位取得例(医師・歯科医師コース)

  • 例①医師

    必修科目:30単位

    選択必修科目:30単位
     ・災害史:5単位
     ・救急医療10単位
     ・各科各論:15単位

    選択科目:60単位

    合計:120単位

  • 例②医師

    必修科目:30単位

    選択必修科目:40単位
     ・災害史:5単位
     ・救急医療:5単位
     ・各科各論:10単位
     ・災害時のロジスティックス:3単位
     ・災害時の保健衛生:3単位
     ・災害精神医学:2単位
     ・災害口腔医学講義:12単位

    選択科目:55単位

    合計:125単位

  • 例③歯科医師

    必修科目:30単位

    選択必修科目:42単位
     ・災害時ロジスティック 5単位
     ・各科各論 5単位
     ・災害時の感染症対策 2単位
     ・災害口腔医学講義:30単位

    選択科目:48単位

    合計:120単位

※1 選択必修項目については全項目からの選択で30単位以上履修すればよい
※2 選択科目については一覧にある研修会等の参加を申告することで単位と認める

単位取得例(医療系専門職コース)

  • 例①看護職

    必修科目:30単位

    選択必修科目:35単位
     ・災害看護講義 10単位
     ・災害史:5単位
     ・災害薬事講義:5単位
     ・災害時の保健衛生:5単位
     ・災害時の栄養管理:4単位
     ・災害口腔医学講義:6単位

    選択科目:55単位

    合計:120単位

  • 例②看護職

    必修科目:30単位

    選択必修科目:50単位
     ・災害看護講義 15単位
     ・災害史:5単位
     ・災害時のロジスティックス:5単位
     ・災害薬事講義:10単位
     ・災害時の保健衛生:5単位
     ・災害時の栄養管理:5単位
     ・災害口腔医学講義:9単位

    選択科目:46単位

    合計:130単位

  • 例③行政職

    必修科目:30単位

    選択必修科目:42単位
     ・災害看護講義 8単位
     ・災害史:5単位
     ・災害時のロジスティックス:7単位
     ・災害薬事講義:7単位
     ・災害時の保健衛生:5単位
     ・災害時の栄養管理:5単位
     ・災害口腔医学講義:5単位

    選択科目:48単位

    合計:120単位

※1 選択必修項目については全項目からの選択で30単位以上履修すればよい
※2 選択科目については一覧にある研修会等の参加を申告することで単位と認める

募集要項

  • 1.募集期間

    2019年5月30日(木) ~ 2019年6月28日(金)17時まで

    応募期間は終了いたしました。

  • 2.募集人員

    (1)高度災害医療人養成プログラム(医師・歯科医師特化コース)10名

    医科医師
    5名
    歯科医師
    5名

    (2)高度災害医療人養成プログラム(医療系専門職コース)15名

    看護師
    5名
    薬剤師
    2名
    管理栄養士
    2名
    その他の医療職
    2名 (歯科衛生士・歯科技工士等)
    病院事務職員
    2名
    行政職員
    2名 (保健師を含む)
  • 3.受講料

    受講料は徴収しません
    (ただし、研修会への参加費や交通費などは受講者負担となります)

  • 4.応募方法

    当センターホームページの高度災害医療人養成プログラム受講者募集の専用フォームよりご応募下さい。

    フォームはこちら
  • 5.提出書類

    履修決定後、資格を示す書類(医師免許証など)をご提出いただきます。詳細は担当者よりご連絡いたします。

    提出先:
    熊本大学病院 災害医療教育研究センター
    〒860-8556  熊本市中央区本荘1丁目1番1号
  • 6.履修期間・終了要件

    (1)履修期間:
    2つのコースともに2019年7月より原則2年間 
    (※必要時間の履修ができなかった場合は延長を可能とする。)
    (2)修了要件:
    ・合計120時間以上の履修が必要です。
    ・科目に応じて評価をします。
  • 7.履修生選考、選考結果

    申請書に基づき職種、経験年数、学会・災害医療活動等を考慮して選考を行います。
    選考結果については、郵送にて本人へ通知します。

  • 8.注意事項

    申請書類に不備がある場合には、受理しない場合があります。
    申請書類に虚偽の記載があった場合には、履修開始後でも履修許可を取り消す場合がありま す。
    履修継続が難しいと判断した場合には、履修許可を取り消す場合があります。
    履修生の身分については、大学に学生として在籍し、所要の単位を取得して学位を取得するための学位課程とは異なります。そのため、熊本大学学生としての身分は付与されませんので、あらかじめご留意ください。
    e-learningコンテンツの複製、二次利用、公開などの行為は禁止します。また画面のキャプチャやコンテンツ音声の録音・録画などの保存についても認められません。
    e-learning使用におけるID、パスワード等は履修生本人のみ使用可能です。他人への貸与や譲渡は禁止します。
    募集人員については変更する場合があります。

応募期間が終了しました。

-->
Copyright 2019 熊本大学病院災害医療教育研究センター All Rights Reserved.